MENU

乳がん治療・手術

乳がんの治療法

種々の治療法を組み合わせ、
患者様にあわせた治療を。

乳がんの治療方法は日々進歩しており、進行度の診断と腫瘍の悪性度などを正確に診断し、
種々の治療法を組み合わせた集学的治療が行われています。

手術療法

固形腫瘍である乳がん治療の中心は外科的な切除です。腫瘍のサイズや存在部位、個数などから、乳房温存術や全摘手術の適応が決定されます。

最近では根治性と整容性の両立のために、全摘術と同時に乳房再建術が積極的に行われています。

化学療法(抗癌剤治療)

腫瘍の進行度や悪性度に合わせて、術前や術後に抗癌剤を投与する化学療法が行われます。
最近は制吐剤を含めた支持療法が進歩しており、全て通院での治療が可能となりました。

内分泌療法(ホルモン治療)

女性ホルモンに感受性が認められる乳がんでは、閉経状況に合わせた内分泌療法が行われます。

内服薬が中心ですが、閉経前乳がんや転移再発乳がんでは注射薬も使用されます。

分子標的治療

癌細胞は増殖するために必要な因子があり、それを狙った薬剤を投与するのが分子標的治療です。
多くはホルモン剤や抗癌剤と併用して、最大の効果を得られるように使用されます。

放射線治療

乳房部分切除が行われると、再発を予防するために温存乳房へ放射線治療が施行されます。

痛みを伴う骨転移には、疼痛を和らげるためにも放射線治療が行われます。

入院・手術について

局所麻酔下の手術
  • 月・水・金曜日の午後に院内で施行
  • 乳腺膿瘍・乳腺良性腫瘍・一部の乳腺悪性腫瘍など
全身麻酔下の手術
  • ほとんどの乳がんの手術は、入院・全身麻酔下での手術の適応となります。
  • 手術の内容やご希望などから関連施設をご紹介致します。